TEL 077-537-6437
受付時間:午前9時-11時30分/午後4時-7時
(土曜日午後は6時まで)

休診日:木曜日、日曜日午後、祝日
※駐車場完備

最新のお知らせや更新のご案内

スタッフ日記⑫

2011.03.25

お久しぶりです看護士の小牧です。

 

はじめに、3月11日(金)に発生いたしました東北関東大震災により被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

スタッフ日記をご覧の皆様、ご家族やお知り合いの方々はご無事でしたでしょうか。

 

あの日あの時間私は、ちょうど病院でお昼ご飯を食べていました。長くゆっくりとした揺れだったため始めは地震とも気づきませんでした。しかしニュースを見ると同じ日本とは思えないほど悲惨で目を疑うような光景ばかりで・・・。
見るたびにひどくなっていく被害状況に胸が苦しくて言葉になりませんでした。

 

あれから今日で2週間が経ちます。
まだまだ被災された方々は苦しく大変な生活をしいられていることと思います。
そんな中、仕事柄、被災に遭われた方はもちろんですが飼われていた犬や猫たちはどうなったのだろうか・・・

と気になります。ニュースではペットを避難所の中に入れることはやはり難しいようで、車の中や室外でお世話されているようでした。人の食料や水分が不十分な中、動物たちが後回しにされる事は仕方がない事かもしれません。しかし、家族同様の自分のペットを見捨てるなんてやっぱりできないですよね。そんな時のためにペットを飼われているみなさんに、人の防災グッズと共にペットの防災グッズも一緒に用意しておく事をおすすめします。リードやキャリーケース、フード、ペットシーツなど一箇所にまとめてすぐに取り出せるようにしておくだけでも、もしもの時には役立つかもしれないと思います。

 

そして先日、あるペットフード会社から被災地へ向けてペットフードの無料提供をするというとても頼もしい連絡が病院に入りました。

この一件だけではなく、今、日本中のみんなが自分のできることを最大限に考え実行している姿を見かけると、とても胸が温かくなります。困難なことはまだたくさん残されていますが、一歩一歩確実に復興に向かっていると信じています。

 

私自身も今できることを精一杯やろうと考えています。

そして、当たり前だった毎日をもっともっと大切に生きて、全力で【私の仕事=動物たち】と向き合っていきたいです。

 

 

ついさっき病院の門の近くでみつけました。 まだ満開ではないですが・・・頑張って咲こうとしているタンポポ。

パワーをもらえますね(^___^)

 

次回は看護士の中間さん担当です☆4月11日ごろアップ予定です。

 

 

一覧へ戻る